発注対応コミック検索システム なびコミ なびこみ こみっく検索 まんが検索 マンガ検索 漫画検索 コミック発注 コミック在庫管理 新刊発注
発注対応まんが検索コミック検索サービスなびコミ
なびコミとは 発注対応コミック検索システム なびこみ 機能のご紹介 なびこみ お問合せフォーム


2009/11/18


欠品発注機能をバージョンアップいたしました

なびコミサポートセンター・システム担当の崎永です。
いつもなびコミをご愛用いただきまして、まことにありがとうございます。

「2010 欠品発注(単品)」機能をバージョンアップいたしました。

■セットタイトルに「欠品巻」と「備考」欄を追加



欠品中の巻数を表記する事により、欠品登録のメンテナンス性が向上しました。
また、店舗在庫の備考を表記する事により在庫の特性が明確になり、こちらもメンテナンス性の向上につながりました。

■単品内訳と発注分に「備考」欄を追加



こちらは、店舗様からのご要望対応です。発注登録を行った商品に対して、「なぜ」発注を行ったのか、その理由を管理したいというご要望をいただき、他の店舗様にもご活用いただけると感じましたので、発注データにも備考欄を追加し、発注理由を記録できるようにいたしました。表示は小さいですが20文字まで入力いただけます。


■2以上の発注数に対応

最近では複数在庫(同一商品の在庫数を2以上保有)を持たれる店舗様が増えてまいりましたので、当機能も複数在庫発注に対応し、発注数の変更(1→2等)、備考欄の更新が行えるようにいたしました。


■欠品巻数の即時更新に対応

「1060 棚卸リスト」 の欠品記入欄への反映は、早朝に実施する一括更新の際でしたので、欠品登録を行ってから棚卸リストに反映されるまで時間がかかっておりましたが、欠品登録後、即時反映されるようになりました。


■今後の欠品発注

「欠品発注」は「タイトル発注」と根本的に違う点があります。
「欠品発注」とは、棚卸しを行って抜け巻や破損巻を発見し、補充や入れ替えの依頼を行う機能です。

しかし実務においては、棚卸し、欠品巻の登録の後に発注依頼という3段階のプロセスが必要ではないかと感じています。
欠品巻は発見次第、出来る限り速やかに補充を行うべきですが、予算上の問題や、顧客の回転上、欠品の判断が難しい場合があり、欠品登録=発注ではないと思いました。

現在のなびコミでは、欠品登録と発注はほぼ同じプロセス上にありますので、2段階のプロセスになっています。
「ほぼ」と言いましたのは、あらゆるケースに対応できるように、当初から発注登録とExcel出力に機能を分割しておりますので、業者へ依頼する際に対象を選別する事は出来ており、顧客レベルで3段階のプロセスの実施は現在でも可能です。

なびコミが誕生してから、はや3年。
次の段階へ向けて大きく進化させるべく準備を進めておりますが、次の段階では、システムレベルで3段階のプロセスを実現する事により、なびコミはより実務と密接になり、ユーザフレンドリーなシステムへと進化できると考えています。
ご期待ください。


感想やご要望等ございましたら、なびコミサポートセンターや、パーツ営業窓口までご連絡ください。

今後ともなびコミをどうぞよろしくお願いいたします。


なびコミサポートセンター システム担当・崎永 info@parts-soft.com

 

■ なびコミ改善要望/機能追加要望はこちらまで。

なびコミサポートセンター  info@parts-soft.com
システム統括責任者:崎永 敏広

Copyright (C)2006-2018navicomi Powerd by Parts. Inc. All Right Reserved.
発注対応まんが検索なびこみ なびこみ お問合せ先